製造の流れ

  • Home
  • 製造の流れ

受託開発

協和電子工業では、単一品から少量生産、量産までお客様のお考えになっている製品を開発し、生産、品質要求を満たす受託生産を行っています。 ご注文をよせていただくユーザー様の信頼に応えるために進歩的な設備投資を続け、新しいアイデアを実現するための新技術の開発に力を注いでいます。

製造までの流れ

1お問い合わせ(TELなど)

お客様から、TELやEメールなどで、ご依頼内容の概要をお知らせしていただきます。
お問い合わせ(TELなど)

2打合せ(対面)

お客様の会社へ直接お伺いして、詳細の打合せを行います。実現したいことに関連する機器や資料なども見せて頂きながら、直接お会いして話すことによってお客様のご要望をより詳細に共有します。
打合せ(対面)

3お見積り

打ち合わせの内容をもとに、お見積りを作成し提出いたします。打合せの内容によっては、概算見積となる場合もございます。
お見積り

4設計・部材調達・試作

お見積りの内容で合意が取れましたら、設計に着手致します。作業を進めながら、お客様と連絡を取り合い、細かい部分の詰めも同時進行で行います。設計が完了したら、部材を調達し、試作に取りかかります。
設計・部材調達・試作

5レビュー

試作基板が完成した時点で、お客様に確認していただきます。これで問題が無ければ、プリント基板の製造に取りかかります。
※ ただし、プリント基板を起こす必要が無い場合は、ここで承諾を得た段階で納品となります。
レビュー

6製造

設計した回路をプリント基板に起こして、部品を実装します。
製造

7最終レビュー

最終納品物を、お客様にご確認していただきます。
最終レビュー

8納品

お客様の承諾を得ましたら、納品となります。
納品
ページTOPへ